読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママがんばってません。

特撮とかEテレとか戦国鍋とかの感想とか。

キョウリュウジャー6話感想 スティメロ キョウリュウシアン

キョウリュウジャー6話はアミイ回でした。


↑いやしかし、アミィがどんどん可愛いく見えてきました。



↑この子、顔も普通に可愛いけど、仕草ひとつひとつが可愛いです。



↑だから、動いてると可愛いね。アゴも気にならない。




↑そんなアミィに対して、
「ブレイブを褒めずに何を褒めるゥ!!」と騒ぐキング。
女子に対して無礼すぎます。無礼部です。











↑あと、なぜかタイミングよくアミィが所持していた、メロメロになる獣電池No.14「スティメロ」。(これもおそらくノッサンとキングで試し済み)




↑なんと対象者が自分にメロメロに。うらやましい。
らんるピンクちゅわ〜〜〜んてなります。




↑敵を自分に惚れさせておいてボコボコにするピンク。
女なんてそんな生き物です。












あと、ラミレスさんがブレイブでした。



↑辛い時にふざけてしまうラミレスさん。



↑ちょっと前にも同じような人がいた気がしたのは、私だけじゃないはず。








あと、ラミレスさんの変身、ブレイブすぎました。



なんということでしょう!




【BEFORE】


【AFTER】





匠の手にかかったラミレスさんが、
こんなにも!
スマートになったではありませんか!








【衝撃の瞬間】

見てて、ズコー!てなりました。












それに、名乗りもありました。


となるとコレ、十大獣電竜10人分の名乗りがありそうです。


もし、最終回あたりで10人揃って名乗ったら、マジレンジャーの8人名乗りよりも多いわけです。

そしたらかなりエキサイティングです!






でもやっぱり、名乗りがあるっていいですね。


「ハガネの勇者!」の名乗りに興奮した娘5歳が、

「ハダカの勇者!キョウリュウシアン!」
て叫びました。



それを聞いた息子5歳が、「それ間違ってる!」と叫び、
「ハナゲの勇者!!!!!
 キョウリュウシアン!!!!!」

と怒鳴りました。













空耳にもほどがある。












\鼻毛の勇者!キョウリュウシアン!/










ps.

最終的に子供らは「デブの勇者!キョウリュウシアン」で落ち着いたようです。
スーアクさんに無礼すぎる。無礼部すぎる。