ママがんばってません。

特撮とかEテレとか戦国鍋とかの感想とか。

ゴーバスターズ44話 スーパー戦隊の最終回って マジな名乗り

昨日はニチアサスーパーヒーロータイムなかったので、もう、先週のゴーバスターズ44話についてモンモンとしてることを今さらつぶやいてみます。

本当に、今回という今回は、、もう、いろいろ何なの!?って爆発しました。



おニックひとりでエース動かして戦えたのかよ!パイロットいらないじゃん!とか、



ヒロムいなくて特命合体できるのかよ!あんなにヒロムが中心だ〜〜ヒロムにかかってる〜〜っつって、合体するのに苦労してたじゃん!とか、



陣さん、アバターなのに普通にケガするのかよ!同じアバターのエスケイプさんは血じゃなくて緑の何かが流れてたぞ!とか、



あ、操縦席ってもう1人乗れるんだネ、、、とか、、、


もう、なんだか、ツッコミどころが満載の回でしたね。




あと、

え、、、!?
君達、今、どさくさにまぎれて、、、素面名乗りやっちゃったの、、、!?




はぁ、、、
素面で名乗るのは、できればラストでやってほしかったです。






幼児誌のネタバレ。
エンターさんとエスケイプさんで残り6〜7話もたせるんでしょうけども、もう、ゴーバスターズが始まった当初の『面白いなあ』と思うところが無くなってしまったです、、、。




結局、この話の主題は何だったんでしょうね。
家族の絆とは、、、エネトロンを守るとは、、、亜空間とは、、、。



スーパー戦隊ものって、何かしら1本の柱があって、途中いろいろあるけれども最後には、その1本の柱=テーマみたいなのをババーーーン!!って出して終わるイメージだったんですけど、そういうのがゴバスはよくわかんないです。



スーパー戦隊特有のいいところ(こだわった名乗りとかメンバーの合わせ技みたいなのとか)を無くしてまで、新しい事やっても?????ってかんじです。




ゴバスと同じ『家族を取り戻す』『みんなの絆』みたいなのがテーマだったマジレンジャーと比べてしまいます。(家族の絆がテーマなもんだから、追加戦士も婿になって家族にしてしまうほどのこだわり)
マジのラストは良かったなあ。1年間の集大成をガガーーン!って最後にもってきたの。
これぞ、スーパー戦隊の最終回ってかんじの終わり方だったなあと。



あぅあぅ、、、マジで名乗りかっこすぎて泣けてきた。

あと、ヒカル先生が素敵すぎる。嫁にしてください。